ジャイアンリサイタルのHPのようなblog『swingしなけりゃ意味ないっしょ!』

gianaoki.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2005年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夢野カブ、来札!

c0007155_21423634.jpgTOPページでもお知らせしている通り、東京から
“スウィート・トラベリン・Rock'n'roller”夢野カブさんが「続・アムステルダム」として再び札幌にやってきます!
60~70年代のルーツロックを根っこに、ワイルドでとびきりポップなR&Rをカマしてくれるはず。我がジャイアンリサイタルも病欠していたうっちぃが遂に復帰、久々のフルート編成で露払いを務めます。むちゃくちゃ楽しいステージになること必至!保証しますから是非遊びに来て下さい!



※今回、ベースの澤田さんが都合により出演出来ず、トラとして(と言っても泥酔者の
  意味ではない)大塚恵を迎えての演奏となります。男女共同参画時代にピッタリだね♪



   フライアーパーク7周年記念ライヴ月間   
   続・アムステルダム
   「腐らないテレパシー・札幌バージョン」
   6月30日(木)@フライアーパーク
   札幌市豊平区平岸4条7丁目12-10
   Y's CITY BLD 1F 011-825-5406
   open 20:00
   start 20:30
   charge ¥2,000(1drink)
   opening act:ジャイアンリサイタル

by fatswaller | 2005-06-28 21:55 | ライヴ情報♪ | Comments(1)

札幌でウッドストック!?八剣山ライヴ

6月28日

26日日曜日、南区にある八剣山果樹園での野外ライヴに参加して参りました。
前日のどしゃ降りの雨もなんのその、当日はカラッと晴れ上がり最高のお天気。
ライヴ当日は雨にあたらないという、「八剣山伝説」は本当でした。
僕はまるで仕事に出掛けるかのような時間に飛び起き、
“ピアノの若大将”石野クンを拾って会場へ。
すると出演者ブースにはビールサーバー&ジョッキが!
主催者曰く、セルフだが好きなだけ飲んで良いとのこと。
うおー!これだ、これが八剣山だ(笑)!
先に到着していた澤田さんと3人で早速乾杯。
そうこうするうちにメンバーが次々と到着。午前中から大宴会が始まったのは言うまでもない。
c0007155_20381995.jpg

一応リハーサルに備えて早出してきたのだが、案の定リハにお呼びはかからず
って言うかむしろ既にリハなんかさらさらやる気は無く(笑)、
お待ちかねランチタイムとなりました。
c0007155_2038411.jpg
              一心不乱に肉を焼く“岸和田っ子純情”石野クン。


c0007155_2042433.jpg
                      一心不乱に肉を頬ばる俺


この肉だって主催者からのご提供ってことでタダですからね~もうタマリマセン!
すっかりお腹も膨れ、午前中のビールも回ってきて
まったりとした空気が流れ出した頃、ジャイアンリサイタルRhythm Kingsの
出番と相成りました。

c0007155_2046679.jpg
        「あの肉、美味かったなぁ・・・」本番前にも係わらず感慨に耽る俺様。


c0007155_20482630.jpg
                    ほろ酔い気分のまま、演奏開始。


ジャイアンリサイタルRhythm Kingsはレギュラーメンバーに
International Little Comboのマコト(マンドリン)、ミノル(バンジョー・ギター)、
イデちゃん(ウォッシュボード・スネア)を加えた
いわば「スウィング・ジャグ」スタイルの宴会用 バンド。
c0007155_2113424.jpgc0007155_2114816.jpg

c0007155_21155387.jpg
6月の爽やかな風に吹かれながらの演奏はサイコーの気分でした・・・
と言いたいところですが、実はリハが出来なかったツケがしっかりと現れ、
ステージ上の音は最悪の状態、正直気が気じゃなくて全然演奏に集中できませんでした。
生楽器中心の大所帯でありながら、コンスタントにまとまりのある音を出せるリトルコンボは
やっぱり凄いなぁ、と改めて感じ入った次第。

ま、それでも一日通して楽しかったからいいんですけどね。
「ダン・ヒックスの前座を務めたRhythm Kingsはこんなもんじゃねぇ!」
との思いを拭い切れぬまま、複雑な心境で帰途についたのでありました。
う~ん、やっぱリベンジしたいっ!
c0007155_2121269.jpg








                         オマケの写真。





c0007155_2123689.jpg
     俺達の演奏が始まる頃現れ、目の前で悠々と釣りを始めたリトルコンボのケンタ。




c0007155_21265690.jpg
                ステージ脇で悠々と草を食っていたヤギ夫。
by fatswaller | 2005-06-28 21:28 | ジャイアンな日記♪ | Comments(0)

お久しぶりで~す。

ちょっと、サボっちゃいましたかね・・・・。

退院後、「え?!どうしたの??!」というくらい、
むくみがひどかったけど、現在は普通に戻りました。
あ~良かった。

結構ネタはたまったのですが、
今日の所はこの辺で・・・・。

おやすみなさい~。
by fatswaller | 2005-06-28 00:49 | うっちぃの「今日の独り言」 | Comments(0)

8時になったらラジオの前で♪

6月19日

今月に入ってからというもの、仕事の方がいわゆる“繁忙期”ってヤツに突入しており
毎日慌ただしいことこの上ない。
ようやくゴールデンウィーク以降の遅筆体質に改善の兆しが見えていたのに
また逆戻りでございます。

そんな中、今月26日に行われる「八剣山野外コンサート」のキャンペーンの一環で
ミニFM局「FMアップル」にジャイアンリサイタルで出演して参りました。
生放送で5曲ほど演奏してきたんですが、いやぁ正直緊張しました~!
番組放送開始の時報とともにいきなり演奏スタートという構成だったんですが
ディレクターに無言でキューを出されるあのプレッシャーはなかなかのものがありますな。
普段のライヴとはまた違う、独特の緊張感を味あわせて頂きましたよ。
しかしながら途中からはDJの方の流暢な話運びにも助けられ、
リラックスムードで臨むことが出来まして、なんとか1時間の生放送を凌ぎました。

しかし、なんといっても嬉しかったのは自分の好きな曲を公共の電波で
流して頂けたことでして。
もう思いっきり趣味丸出しで選曲していったもんですから
キャッツ&ザ・フィドル」などという、一般のリスナーには殆ど知られていないような
1930年代のJIVEグループがFM放送でかかるなんて、歴史的なことだったのではないかと。
我ながら前代未聞の快挙を成し遂げたことにいたく満足しております(笑
他にもダン・ヒックスは勿論、高田渡&ヒルトップ・ストリングバンドなんかかけてもらって
非常にマニアックな放送になってしまいましたが俺には最高のプログラムでしたね(笑)。
また機会があったら出たいな~生放送。あれは結構クセになりますよぉ。
by fatswaller | 2005-06-19 23:07 | ジャイアンな日記♪ | Comments(0)

2005/06/26(sun)@八剣山果樹園

昨年、初めてこの野外ライヴを観客として観に行き、
素晴らしいロケーションと「焼き肉しながらライヴ」というシチュエーションに
すっかり魅了され、機会があれば自分も出てみたいナァ・・・と思っていたら
本当に出演できることになっちゃいました!
こんな楽しいライヴをオリジナルメンバーだけで満喫するのは勿体ない!ということで
今回は、あのダン・ヒックスの前座を務めた「ジャイアンリサイタルRhythm Kings」が
復活します! (更には前回参加してくれた若きジャズピアニスト石野朝也クンも
参戦決定!)

この日は他にも琉吉の白幡さんやWHOOPSのしょうこさん、フライアーパーク
宗形さんらが出演しますので一日中お祭りライヴとなること必至(笑)。
更には先日共演させて頂いた五十一さんがゲスト出演!
これはもう一緒に焼き肉で盛り上がるしかないっしょ~♪

2005年6月26日(日)c0007155_19215460.jpg
「第5回 オールディーズ・コンサート」
八剣山果樹園(札幌市南区砥山126番地 
                 ℡.011-596-2280)
 入場無料
 ★今年の出演バンド★
 ・キュペロハニー (女性シンガーのカバー)
 ・G-HIP (ブリティッシュ・ロック)
 ・MCCS (アメリカン・ロック)
 ・サリバンクラブ (60~70年代ポップス)
 ・フラワー・ビートルズ (ビートルズ)
 ・THE VENTURES CLUB BAND (ベンチャーズ)
 ・フライング・ポーポー・ブラザーズ (カントリー)
 ・ハピネス (フォーク)
 ・流星群 (フォーク・吉田拓郎)
 ・藤森かずお
 ・ジャイアンリサイタルRhythm Kings  (アコースティック・スィング)
 ・●ゲスト:五十一(いそいち)
 ※出演順ではありません
 ※ジャイアンリサイタルの出演時間が変更になりました。
  出番は午後1時半頃からです。まさしく焼き肉ゴールデンタイムぢゃないか!


会場までの地図↓
c0007155_1847231.jpg

by fatswaller | 2005-06-11 18:48 | ライヴ情報♪ | Comments(0)

強制終了。

6月4日

ご存知の方も多いと思うが、僕の持っている携帯電話はかなり古い。
さすがに画面が緑色一色というようなシロモノではないが
(実際にマコっちゃんが以前そういう携帯を持っていたが、あまりの古さに老衰で死んだ)
カメラなんぞ付いちゃいないし、なによりパカパカ開くタイプではない。
好んでそういうデザインを選んだのではなく、当時パカパカ開くタイプは存在しなかったのだ。
で、さすがに人前で使うことすら恥ずかしくなってきたので
そろそろ交換したいなーとは思っていたのだが
今日仕事から帰ると、使用している電話会社からダイレクトメールが届いていた。


「平素は当社の携帯電話をご利用頂き誠にありがとうございます。」


ふむふむ。っていうか俺は携帯電話を持つようになってから
一度も使用先の会社を変えたことはないのだから当然の態度だな。


「この度、お客様が使用されている○○コースのサービスを終了させて頂くこととなりました。」


・・・!?


「昨今××サービス(モバイル時代に対応した新規のコース)を導入したことにより
お客様が利用されているコースのご利用が減少し、サービス強化が困難な状況と
なりましたので、終了させて頂く次第です。」





















                     え?























               コレって


      強制終了ですか?















要するに、

「アンタの携帯のタイプなんて

今時誰も使ってないっつーの(爆笑)。

こっちも商売だからさ、

アンタ一人の為にいつまでも古いシステム

維持できないじゃん?いい加減新しいのに

変えて欲しいんだよね。

っていうか、そんな化石みてーな携帯

いつまで使ってんだタコ」


って言われてるわけですよ、長年愛用してきた携帯会社に。
まるで飼い犬に手を咬まれた気分です・・・ 。・゚・(ノД`)・゚・。

というわけで、近々僕の携帯電話は新しくなるはずですので
今度は写メール送信してもらっても
“データの容量が大きすぎて表示できません”
などという情けないメッセージも出なくなるし、絵文字も文字化けして何が何だか
分からない、なんてこともなくなります。フフフ、ざまーみろ。(なにが?)


この怒り(?)を日曜日のライヴにぶつけます!皆さん是非見に来て下さい!

「Jammin' ROOTS」 
6/5(sun) open19:00 start19:30
「live&bar くう」
札幌市中央区南1西20(南大通沿い北向き)LOGビルB1 
TEL.011-616-7713
予約/2000円 当日/2500円 学割/1500円(学生証提示)
各1ドリンク付
出演】
ジャイアンリサイタルfeat.石野朝也(ピアノ)&酒本ひろつぐ(トロンボーン) 
ウェッジ・ソール
インターナショナル・リトル・コンボ
special guest:五十一(大阪)

今回のジャイアンはゲストに若きジャズピアニスト石野朝也君と
スウィングトロンボーン奏者の酒本ひろつぐ君を迎え
“豪華デラックス・エディション”でお送りします!これは絶対見て欲しいッス!シクヨロ!
by fatswaller | 2005-06-04 00:18 | ジャイアンな日記♪ | Comments(0)

世の中にはまだまだ凄えミュージシャンがいるもんで。

6月1日

昨夜はTOPページで告知していた「ハシケン」のライヴを観にBar琉吉へと
出向いたわけですが、いやはや久々に人の唄を聴いて心の底から感動しちゃいました!
前々から琉吉のオーナーである白幡さんから
「ハシケンの唄は絶対青木クン好みだから!」
と勧められ、CDは聴いていたのですが、正直その段階ではあまりピンと来なかったのです。
しかし今回、生の彼のステージに触れ、やっぱり白幡さんの読みは正しかった事が
証明されました。(社長~、一生ついて行きます:笑)

耳に飛び込んできた彼の唄の印象は、初めてKAZUYAさんを聴いた時の感触に
とても良く似ていました。
メロディやコード進行があまりにも僕の心の琴線に触れまくり
聴いていると何度も鳥肌が立ち、涙が滲んでくるんです。
ちょっと専門的な話になりますが、僕は“メジャー7th”や“アド9th”といったコード
(いわゆる切ない系、憂い系。分かります?)が大好きな人間でして
この響きの使い方が上手い人ほど僕にとっては
好きなミュージシャンということになるのですが、
今までこの響きの達人こそがKAZUYAさんであったわけで
その才能たるや唯一無比のものだと思っていました。
しかしながらついに僕の中で双璧を成す対抗馬が現れたのです。
ちなみに打ち上げの席でも本人自身が
「俺はメジャー7th族、もしくはアド9th族だから!」
と告白しておりました(笑)。

ライヴではゲストとしてideちゃんがジャンベで3曲ほど参加。
それまでの比較的しっとりとした雰囲気をガラリと変える、
疾走感溢れるセッションに客席も一気にヒートアップ!
本番前に2人で飲んでいて、ideちゃんが
「こういうセッションって演奏者側の独りよがりに陥って客席ドッチラケ、みたいなことが
あるからおっかないんだよね・・・」
とこぼしていたのですが、そんな心配は全く無用でした。
なんせideちゃんが入った1曲目が終った時なんて
しばらく万雷の拍手が鳴り止まなかったんですから。
それほどこの日のideちゃんのジャンベは冴え渡っていました。
聞き慣れてるはずの自分ですら、思わず興奮しちゃいましたからね。
ホントいいもん見せてもらいました。

彼の唄とステージにすっかり感激したオイラは
ずーずーしくも打ち上げにまで参加させて頂き、色々と本人からお話を聞くことが出来ました。
ステージを降りた彼は、とっても気さくでボケたがりのイイ人なんだなこれが(笑)。
また本番に間に合わなかった1人のお客さんの為に、なんと打ち上げの席でも
弾き語りを聴かせてくれました。これがまた凄く良かった!思わずウルウルきちゃいました。

こんなに感動したライヴは本当に久し振りでした。
絶対にまた来て欲しい、また生で聴きたいミュージシャンです。
今度は前座やらせて欲しいな~(ホントにずーずーしいね俺w)



c0007155_2093117.jpgこの日の演目の中でも最も感動した曲「FOR YOU」が収録されているアルバム、『赤い実』を購入。もちろんしっかりサインをしてもらいました(笑)。
収録曲: 1.Nuevo Era 2.シンプル 3.赤い実 4.ミソラ 5.たんじょうび 6.砂のユリカゴ 7.カミヨカンデ 8.FOR YOU -ハシケンversion- 9.約束の地 10.青,生(ムセ)る

発売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ
                   YCCL-00002 ¥2800(税別)
by fatswaller | 2005-06-01 20:22 | ジャイアンな日記♪ | Comments(2)

札幌で活動しているswing&jiveバンド「ジャイアンリサイタル」のメンバーが綴るよもやま日記とバンド情報


by fatswaller
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite