ジャイアンリサイタルのHPのようなblog『swingしなけりゃ意味ないっしょ!』

gianaoki.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今日の日記

今日、妹とFAXを購入しに行きました。
某店で、とある契約をすると980円でファクシミリが買えるのです。(11/30まで)
うちのFAXは、9年前に買ったロール紙のヤツで、インクリボンも一度も替えていない・・。
最近、結構FAXの送受信が多く、「普通紙のFAXが欲しいな☆」と思っていたところ
なのでした。なんか、ちょっとお得なお買い物した気分。

夕方、旭川に住んでいるお友達が、研修会があって札幌に来ていたので、
ステラプレイスでご飯を食べました。イルミネーションが綺麗に見える窓際の席で、
お酒も飲んでちょっとウットリ・・・。(あんず酒2杯で脈拍2倍になった)

20時にサヨナラしたので、1時間ほどステラをブラブラしたら、欲しいものだらけ・・。
今一番買いたい物は、ブーツだなぁぁぁぁ。少しクシュっとしたやつ。
12月に入ったら、お買い物ツアーしよっと。
by fatswaller | 2005-11-27 02:00 | うっちぃの「今日の独り言」 | Comments(1)

さぁ、いよいよ「ハシケン」だっ!

11月26日

今日が26日の土曜日だから明々後日の29日火曜日、
いよいよハシケンさんとのライヴであります!いや~楽しみだな~。
自分自身バンドで唄うのは久しぶり(マギマギはしょっちゅう演ってるけど:笑)なので
非常にテンションが上がっております。っていうかもはや昂ぶっております!
こないだもRhythm kingsで練習入ったんだけど、なんだか異常に面白かったナァ。
演ってるうちにどんどん気分がハイになってくるっつーかアドレナリンが出るっつーか
とにかく気持ち良くなっちまいましたよわたしゃ。
ギターの大将もやる気充分で、普段はこ洒落たフレーズばっか弾いてるのに
この日は盛んに”ロック”なフレーズを弾きまくっていました。
それがやる気なのかどうか分かりませんが(笑)。

そして自分たちもさることながら、ハシケンさんのステージが再び観られるこの喜び!
しかも今回はスリーピースのバンド編成!
一体どんなアレンジで数々の名曲を聴かせてくれるのか、今から興味深々であります。
いや、もう何回も言ってるけどさ、ハシケンの唄だけは生で聴いといた方がいいって!
陳腐な言い回しだけど本当に心が震えるから。騙されたと思って29日来てみてよ。
平日だけどスタートもゆっくりめ(ハシケンさんは9時前くらい)だから
お仕事終えてからでも十分間に合いますんで。
お待ちしておりますですよ~♪
c0007155_17364265.jpg
「ハシケン・デビュー10周年記念ツアー in 札幌」

 平成17年11月29日(火)  札幌・COLONY   
 開場19:30  開演20:00
 前売\2500 当日\2800(ドリンク別)
 オープニングアクト:ジャイアンリサイタルRHITHM KINGS
             Eda Sullivans
 出演:ハシケン[ハシケン(Vo,G)宮田繁男(Ds)、松永孝義(B)]

 
 ■前売チケット:コロニー、ローソンチケット(Lコード=16402)
   お問い合わせ:n-foto(エヌ・フォト)011-825-6123
             コロニー 011-532-3329 札幌市中央区南7西4ジャストビルB1
by fatswaller | 2005-11-26 17:37 | ジャイアンな日記♪ | Comments(0)

生まれ来る子供たちのために(乱痴気騒ぎかよ)

11月20日

昨夜は白幡社長の友人であり、マギー田中氏の三線の先輩にあたる福ちゃんに
第一子が誕生したことを祝うライヴパーティーにマギー&マギーで参加して参りました。
会場は札幌でも有名な沖縄民謡居酒屋「宮古根(なーくにー)」。
過去、様々なミュージシャンが訪れ演奏していった、
ススキノにある沖縄居酒屋の老舗であります。
オキナワPOPSを標榜するマギマギとしては、いつかこの店のステージで
演奏してみたいと密かに憧れていたので、この日をとても楽しみにしておりました。

約束の時間にお店のドアをくぐると、既に白幡社長はじめ福ちゃんのお仲間が
多数集まっておられましたが、その中になんと松竹谷清さんの姿も。
「おー、こりゃ今日のライヴでキヨシさんの唄も聴けるのかな?」
と期待しておりましたら、いきなりトップバッターで登場。ある意味贅沢なラインナップです。
我々マギー&マギーもお祝いの気持ちを込めて3曲ほど唄わせて頂きました。
その他にも様々なミュージシャンが入れ替わり立ち替わり演奏、
楽しい宴に泡盛も進み、最後は店全体で唄えや踊れやの大騒ぎ!
実に愉快なパーティーとなりました。

c0007155_211509.jpgc0007155_21151730.jpgc0007155_21153156.jpg
c0007155_21171257.jpgc0007155_2124595.jpgc0007155_21172761.jpg


さてパーティーがお開きとなった後も
すっかりエンジンのかかった白幡社長はじめ僕らはまだまだ唄い足りず
音楽仲間である熊ちゃんのお店「Cous-Cous(クスクス)」へと移動。
土曜の晩ということで、店内は溢れんばかりのお客さんであったにも拘らず
僕ら3人は到着するやいなやお構いなしにギターと三線を取り出しゲリラライヴを敢行。
爆音ボーカリスト2人を擁する「白幡隆一とマギーボーイズ」の耳をつんざく演奏に
そそくさと席を立つお客様続出(笑)。
メノ・ビレッジでお世話になったトッスィーが三線の弾き語りでお客さんを引き止めて
くれたから良かったようなものの、あのままでは店の評判に傷を付けたことでしょう。

そんな調子でCous-Cousでも飲めや唄えやの乱痴気騒ぎは続き
最後のお客さんがはけて、身内だけになるといよいよ宴は最高潮に。
傑作だったのは僕と白幡さんが弾くギターに合わせ、即興でマギー田中氏が
唄を歌うというセッション。
いやーもう田中氏の才能には脱帽しました。しまいには店に置いてあった
ファッション雑誌の見出しの言葉を羅列してブルースにしちゃうんですから(笑)。
超テキトーなスキャットも妙に堂に入っていて、皆、涙を流して笑い転げました。
今度これステージでやろうかなぁ、「マギー田中の即興唄うたい」のコーナー。
絶対受けると思うけどな。

こんな調子でお店を後にしたのは午前3時半。実に楽しい一夜となりました。








                        おまけの写真。









c0007155_21425137.jpg
         「宮古根」でカチャーシーに興じる人たち。白幡社長、実に楽しそうです。









c0007155_21453366.jpg
   泡盛の飲み過ぎで、おかしくなってしまった田中クン。もはや放送コードギリギリです。
by fatswaller | 2005-11-20 21:53 | ジャイアンな日記♪ | Comments(4)

かつて龍馬かく語りき

11月17日

「世の人はわれをなにともゆはばいへ わがなすことはわれのみぞしる」


「海援隊約規は簡単なものにしてある。それは鶴が自由に天を翔るような光景であり
 鳥籠の中に閉じ込められている情景ではないのだ」


「何でも思い切ってやってみることですよ。どっちに転んだって人間、
 野辺の石ころ同様骨となって一生を終えるのだから」


「はてさて人間の一生とは合点のいかぬものよ、運の悪い者は風呂から上がる時に
 金玉をぶつけて死ぬものもある」


「日本を今一度、洗濯いたし申し候にいたすべく心願にて候」



        ―天に意思がある。 としか、この若者の場合思えない。
        天が、この国の歴史の混乱を収拾するためにこの若者を地上に
        くだし,その使命がおわったとき惜しげもなく天へ召しかえした―
                                  司馬遼太郎「竜馬がゆく」より



11月15日、我が敬愛する坂本龍馬の誕生日であり命日であるこの日に想う。

c0007155_166320.jpg

by fatswaller | 2005-11-17 16:06 | ジャイアンな日記♪ | Comments(0)

生まれて初めてサインをせがまれちゃったよ俺

11月9日

先週、マギー&マギーで西岡にある老人ホームの文化祭に招かれ演奏させて頂いた。
マギマギにはこういった施設からの演奏依頼が時々舞い込んでくる。
(というか、正確にはマネージャー役の白幡さんから紹介される)
おじいちゃんおばあちゃんがとっても楽しそうに聴いてくれるので
ついつい嬉しくてどこへでも馳せ参じてしまう。

で、今回もいつもの通りベタな掛け合いで失笑を買いつつ
温かい手拍子なんぞ頂戴しながらなんとかライヴをこなしたワケですが
なんと演奏終了後に数人のおばあちゃんにサインをせがまれてしまいましたっ!
ひょっとして僕らのことを「物凄く有名なミュージシャン」とでも思ったのでしょうか・・・

違うんだようバァちゃん・・・
俺らなんてただの下手っぴーな“どアマチュア”なんだ・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

対応に困りあたふたしていると
介護士さんからも「お願いします・・・」と懇願の目で見上げられてしまったので
やむなく当日のプログラムに
「○○さんへ。マギー青木」
と書いてあげたら、なんだか物凄く喜ばれちゃって・・・

いや、だから違うんだようバァちゃん・・・
俺らなんてただの下手っぴーな“どアマチュア”なんだって・・・。・゚・(ノД`)・゚・。


勿論、崩したような格好良いサインなんて考えてもいませんでしたから
思いっきり普通の字体で書きましたが(笑)。
でも、考えてみたらサインせがまれるなんて生まれて初めての経験だもんなあ。
正直、ドキドキしてしまった(笑)。


・・・でも、なんかおばぁちゃん騙したみたいで、ちょっと複雑・・・
by fatswaller | 2005-11-09 15:51 | ジャイアンな日記♪ | Comments(5)

やっぱswingはいいやねぇ

11月3日

昨夜、夜更かししてTVを見ていたらポール・ニューマン主演の
「パリの旅愁」という映画を放送していた。
パリで活躍するアメリカ人ジャズトロンボーンプレイヤーの葛藤を描いた物語なのだが、
ゲストにサッチモが出ていて、主人公の友人で世界的に成功したジャズマン役
(まさしく本人がモデル)を演じていた。
ストーリー自体はさして面白くも無かったが
劇中でポール・ニューマン扮する主役が演奏しているバーに
サッチモが旧交を温めるべく突然現れ、バンドメンバーと火の吹き出るような
カッティング・セッションを繰り広げるシーンには思わず興奮した。
恐らく時代設定ははswing jazz華やかなりし頃と思われるが
この時代のジャズ・バーでは毎夜このようなカッティング・セッションが繰り広げられ
溢れんばかりの聴衆を熱狂の渦へと巻き込んでいたらしい。
つくづくこの時代の生演奏を聴いてみたかったと、改めてため息をついた次第。

c0007155_10504024.jpgで、ジャズトロンボーンプレイヤーといえば酒本ひろつぐクン。
実はこの間、彼のライヴを観たばかりだったので余計この映画に引き込まれた。
彼は様々なコンボやセッションで活躍しているオールラウンドなジャズプレイヤーだが、特にディキシーランドスタイルやスウィングといったオールドジャズを敬愛しており、まだ20代でありながら古き良き時代の音を忠実に再現できる、極めて稀有な存在だ。その日のライヴも、彼をリーダーとするスウィングジャズに拘ったコンボで、ツイントロンボーンという珍しい編成であったのだが、その絡み方たるや実に緻密に計算されていて、やはり聴衆を熱狂の渦に巻き込んでいた。かく言う自分も調子に乗って飛び入りで参加、彼らの演奏をバックに「明るい表通りで」を唄わせて頂いた。いやぁ気持ち良かったっス(笑)。

c0007155_1125813.jpg他にも様々なプレイヤーが飛び入りで参加したのだが中でも特筆すべきは彼の教え子である小学生(!)のカズマ君。
酒本師匠のもとでトロンボーンを始めてまだ1年足らずとのことだったが、その堂に入ったプレイは聴衆の喝采を浴びていた。っていうか一緒にプレイした酒ちゃんの方が感激のあまり涙ぐんでいたが(笑)。
それにしても終始店全体に笑みがこぼれるアット・ホームな心地よい雰囲気は
ひとえに酒ちゃんの人徳によるものだと思う。
いいなあこういうライヴ。いいなあスウィングジャズ。
思い切り気持ち良くなってしまった僕は案の定てろんてろんに酔っ払い
同行したマギー田中クンにいつも通り迷惑を掛けたのでした。

あ、そうそう。この日酒ちゃんと対バン企画で盛り上がり、ジャイアンリサイタルと
SAKE’sグループのライヴが決定致しました!皆様こぞって遊びに来てください!

『swing 忘年会!』

 2005年12月26日(月)OPEN/19:30 START/20:00 
 @「アフターダークカフェ」 札幌市中央区南2条西7丁目日宝南2条ビル二階
                  ℡.011-261-0890
 【出 演】
  ・SAKE'S GROUP[a performance of SWING JAZZ]
  ・ジャイアンリサイタル

by fatswaller | 2005-11-03 11:24 | ジャイアンな日記♪ | Comments(3)

札幌で活動しているswing&jiveバンド「ジャイアンリサイタル」のメンバーが綴るよもやま日記とバンド情報


by fatswaller
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite