ジャイアンリサイタルのHPのようなblog『swingしなけりゃ意味ないっしょ!』

gianaoki.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2007. 01. 13. (sat) @ 「ベッシーホール新年会」

c0007155_23354174.jpg2007年イッパツ目のライヴは、なんとあの老舗ライヴホール、ベッシーホールに登場致します!うわ~DAN HICKSの前座やった時以来だから約2年振りだよ・・・学生の頃は毎月のようにここでライヴやらせてもらってたんですけどねぇ。バンドブームは遠くになりにけり。この日は新年会ってことで、なんと飲み放題3,000円ポッキリ!まぁまずは固い話は抜きにして新春を祝い飲もうじゃありませんか!

『ベッシーホール新年会』

 2006. 01. 13. (sat) @ BESSIE HALL
 札幌市中央区南4条西6丁目 晴ればれビルB1(地図はこちら
 TEL.011-221-6076
 OPEN 18:30 / START 19:00
 参加費¥3,000(飲み放題、軽食もあり)

 【出 演】
 ・ジャイアンリサイタル with 斉藤ジャイ子(クラリネット)
 ・木霊
 ・WHOOPS
 ・BARI
 ・Tike
  ・・・and more.

by fatswaller | 2006-12-29 23:51 | ライヴ情報♪

今年もやります、5大ニュース。

12月29日

あー今年ももうすぐ終わりですねー。
昨年最後の日記も、その年を振り返る「5大ニュース」をテーマに書いたのですが
今年も同様の企画で年内最後の投稿にしようかと。
それでは参りましょう、2006年今年の5大ニュース!


第5位 「うっちぃ電撃入籍!」

これにはたまげた。本当にたまげた。リズムキングスの某メンバーは
うっちぃからの衝撃の告白を聞いた瞬間、ショックのあまり軽く失禁したそうです(笑)。
ま、何はともあれオメデタイお話ですからよろしいのではないでしょうか。
決して名字が変わったからと言って「うっちぃ」から「えっちー」に変わったわけでは
ありませんので誤解の無きよう。


第4位 「ジャグナイト、今年も大盛況!

これはついこの間の話ですけど。3回目にして初めて会場を変更し
手探りの中進めた企画だったので、どうなることかと心配しましたが
蓋を開けてみれば過去最高の盛況ぶり。いやー首謀者として
ホッと胸を撫で下ろした次第。来年もバナナボートでカズー吹きまくりましょう!


第3位 「MOONEYさんのライヴでブッカーを務める

今年6月に琉吉で行われたMOONEYさんのライヴ、共演者のブッキングを
任せて頂きました。お陰で自分がずっと観てみたいと思っていた
MOONEY&酒本ひろつぐ&滝川裕三という夢のトリオが実現!
前座もルーツミュージックを大切にしているバンドをチョイス、MOONEYさんから
「今日は札幌ルーツミュージック・フェスティバルだな!」とのありがたいコメントを
頂きました。MOONEYさん、来年も琉吉でお待ちしております♪
あ、そうそうこの時の打ち上げでピアニストのヤンシーさんにも
初めてお会いしたんだよなぁ。嬉しいハプニングでした。


第2位 「動くジム・クウェスキンを見た!男闘呼・2人旅決行」

今年の出来事の中で、これは本当に思い出深いイベントだったなぁ。
ジャグバンド好きの3大アイドルとも言うべきジム・クウェスキン、ジェフ・マルダー、
ジョン・セバスチャンの揃い踏みを観る事が出来たんですから。
しかも細野晴臣氏のウォッシュボードプレイまで(驚)!
横浜ジャグフェス、そして翌日は渋谷のフリッツ・トリビュートと
本当に夢のような2泊3日の旅でした。
マコっちゃんともよく飲んだなぁ(笑)。興奮冷めやらず、毎晩朝方まで飲んでましたね。
しかもかなり暑苦しいトークを展開しながら(笑)。またどっか行きたいね♪


第1位 「憧れのバンバンバザールと共演!

今年の1位は文句なしにコレでしょ。憧れのバンバンバザール、しかも憧れの
デラックス編成。僕らにとっては盆と正月が一緒に来たような騒ぎですよ(笑
さらに打ち上げでもメンバーの皆さんと親しく会食させて頂き
これまた夢のような時間を過ごさせて頂きました。
去年のDAN HICKSMAD-WARDSとの共演に続く、大サプライズな出来事でした。
あー諦めずに好きな音楽にしがみついて、バンドやってきて良かった(泣)。


2005年はかなり記憶に残るような大きな出来事が多かったので
今年は比較的静かな一年になるだろうなぁと勝手に予想していたのですが
振り返ってみれば今年も十分波瀾万丈な年だったなぁ。
この他にも個人としては初めてラジオ・パーソナリティーを務めさせて頂いたり、
生まれて初めて自分のバースデーライヴ『Since 1970』を敢行し
古いバンド仲間と久しぶりに朝までバカ騒ぎをしたり、
初来札のストーンズを札幌ドームで観るも、ついうたた寝してしまったりと(笑)
楽しい出来事がたくさんあった年でした。
またその一方で、最愛の命を亡くし、間違いなく“人生最大”と言える
悲しみを経験した年でもありました。
良いことも悪いことも、平等にやってきた1年だったような気がします。

来年はねぇ、また新しいイベントを仕掛けようと目論んでるんですよ実は。ムフフ♪
今度のは結構大掛かりなものになるかも。
取り敢えず来年の目標はそのイベントを成功させること。
まだまだジャイアンリサイタルは日和ってなんかいられないんだぜベイベー!
来年も楽しいことがたくさん待っていますようにと願を掛けつつ
人として更に1歩前に出る生き方をしようと思っている今日この頃です。

さて、そろそろ2007年を迎える準備をしましょうか。
それでは皆様、酔いお年を♪
by fatswaller | 2006-12-29 23:13 | ジャイアンな日記♪ | Comments(2)

過去最高の盛り上がり!「札幌X'mas Jug Night!」

12月26日

12月23日は年末恒例となった「札幌X'mas Jug Night!」の開催日。
今年で3回目を数えるJug Night、今回の会場となったのは
いつもお世話になっている工藤さんがオーナーを務める「バナナボート」。
実は今回請け負って貰える会場を探すのにえらい苦労しまして。
下手すると開催自体危ぶまれたのですが、
こういう時、いつも助けてくれるのがBar琉吉の白幡社長。
ご自分の盟友である工藤さんのお店に便宜を図って下さったお陰で
何とか中止にならずに済みました!
白幡さん&工藤さん、本当にありがとうございました!

で、今年のJug Nightですが、例年にも増して盛りだくさんの内容となり
またお客さんも今回初めてお越し頂く方が大勢居て
店内はすし詰め状態と、良い事ずくめの興行となりました。


c0007155_2233110.jpgトップバッターは、何と小学生3人組「山鼻スクールバンド・アンサンブル組」。これがいきなり素晴らしい演奏を披露し、大人達の度肝を抜きました。みんな音程もしっかりしてるしリズム感も抜群!末恐ろしい彼らの演奏に、出演者から「いきなりアレを出すなよ!後がやりづらいじゃないか!」との声多数。また、彼ら目当てのお客様もご家族連れで大勢お越し下さり、動員にも大いに貢献したのでした。来年も是非参加して頂きたい!但し出番はもうちょい後で(笑


c0007155_22423874.jpg二番手は山鼻スクールバンドの指導者であり、彼らをJug Nightに推した張本人、のりえ姉さんのWHOOPS。昨年のJug NightではカバーしたX'mas songがジャイアンリサイタルとカブってしまったので今年はどんな選曲で来るのか興味津々でしたが・・・なんとしょうこ姉さん歌唱による「クリスマス・イヴ」by山下達郎!しかもヒネリも何も無く朗々と歌い上げるしょうこ姉さん(笑)。ヤラレました。僕ら来年は“杉山清貴”やります。


c0007155_22482587.jpg三番手はお久しぶりに共演のキッコリーズ。なかなか都合が合わずライヴに足を運べずにいたのですが久々に聴くカポウさんの歌はやっぱり素敵♪暫く観ないうちにバンドで使用する楽器が多様化しているのにはビックリ。特に三人で一斉にミュージカル・ソーを弾く姿は壮観でした。それにしてもこのバンド、本当にクリスマスが良く似合う。ジャグバンドスタイルへの傾倒ぶりもかなりのもので、カポウさんはウォッシュボードにスプーンと手を変え品を変え大活躍。


c0007155_22582020.jpgライヴ中盤で登場は、Jug Nightの常連にして裏の目玉とも言うべき天才小学生噺家・竹田亭てん丼師匠の落語!今年も新ネタを披露してくれましたが、まず驚かされたのはネタの尺の長いこと!よくぞまあこれだけ長いネタを覚えきったもんだと感心しきり。さらにはJug Nightでは初披露となる手ぬぐいを使った所作も、地味ながら溜息が出るほど自然にこなしていました。個人的には祈るような面持ちで師匠を直視出来ずにいたお父上の姿も印象的でしたよ♪


c0007155_2363747.jpg後半戦の口火を切ったのは、出演バンド中唯一の正統派ジャグバンド、International Little Combo。実は今年に入ってからメンバーチェンジを経てバンドスタイルも変化していたのですが、Jug Nightの時だけは基本に帰ってのジャグバンド編成。この頃にはお客さんもカズーが随分上手くなり、曲の最中も店中で勝手気ままにブーブー(笑)。それでいいんです!それがJug Nightですから♪しかしあのカバー曲はいただけないな(笑


c0007155_2318589.jpgで、ようやく私どもジャイアンリサイタル。いやーこの時のワタクシ、実は最高潮に酔っ払っており、何をしたのかよく覚えておりません・・・なんか一人ですげー喋りまくって、澤田さんから「まだ喋るの?じゃあタバコ吸っていい?」と聞かれたのは覚えております(笑)。考えてみるとレギュラーメンバーでステージに立つのは9月のFM2以来3ヶ月振り。逆に新鮮で良かったなあ。今年のX'mas songはサッチモの『Christmas time in New Orlerans』。ちょいとマニアックな選曲でしたがイイ歌なんですよ!機会があれば是非聴いてみて下さい。


c0007155_15111937.jpgそして大トリは勿論、島袋琉吉&フライングポーポーブラザーズ。この日は白幡社長と工藤さんのツインボーカル編成。古き良きカントリーロックに日本語を乗せて演奏するスタイルはまさしくジャグバンドそのもの!決してジャグバンドではないけれど、ジャグバンドの匂いがプンプンするバンドです。それにしてもベーシストのMARUさんがこの日は別イベントに出場の為欠席だったことが悔やまれます。ともにX'masを祝い、酒を酌み交わしたかったですよMARUさん!


最後はフライングポーポーブラザーズの演奏に他の出演者も混じり、全員でセッション。
「グッドナイト・アイリーン」、「ブルーグラス・ボーイ」等、渋い選曲で盛り上がりました。
そして〆の1曲は店のオーナー工藤さんを囲んで「スタンド・バイ・ミー」で大団円。
今年のX'mas Jug Nightは過去最高の盛り上がりを見せ、めでたく幕を閉じたのでした。
そうそう!今回の開催に際して日本ジャグバンド界の重鎮、ムーニーさんより
メッセージを頂きました!ここに掲載させて頂きます♪


「札幌のみんなは、やりたい音楽に愛情を持って、
のびのびと楽しくやってるところが大好きです(^-^)V
俺もいつもそうありたくてやってるんでね♪♪♪♪♪
今夜もイッパイ遊んでくれなぁ!!
俺は二三夫と浅草で遊んでるぞ~(^_^)/~~
Merry Christmas!!ムーニーでした!!」


ムーニーさん、お忙しい中わざわざメッセージを下さり、ありがとうございました♪


他にも御礼を言わなきゃいけない人がたくさん居るんですよっ(汗
出演者の皆さん、毎年このクソ忙しい時期に付き合ってくれて本当にありがとう。
お越し頂いたたくさんのお客様、お寒い中ご家族連れで足をお運び頂き
誠にありがとうございました。
今回会場を提供してくれたバナナボートの工藤さん、そして話を繋いで頂いた白幡社長、
危うく中止となりそうだった所を救って下さりありがとうございました。
来年も是非バナナボートでやらせて下さい!


そして!ワタクシ特にこの男には声を大にして御礼を言いたい。




c0007155_15324925.jpg
   裏方作業を一手に引き受けてくれた田中君!ありがとう!君は裏MVPだ!









                       おまけの写真。



    今週の『マニラから来た陽気なヒットマン











c0007155_15434855.jpg
   フィリピンでは名うてのスナイパー、デューク・タナカ。彼の冷徹非情な仕事ぶりは有名だ。
by fatswaller | 2006-12-24 23:18 | ジャイアンな日記♪ | Comments(6)

X'masパーティーにジャグバンドはいかが?

12月20日

久方ぶりの更新ですな。
このブログを始めてから3度目の12月を迎えておりますが
相も変わらず師走ってのは忙しい。公私ともにばたついている昨今でございます。

さて、私どもジャイアンリサイタルの12月の恒例行事と言えば
『札幌X'mas Jug Night !』。
“札幌にジャグバンドを広めよう!”という意気込みで始めた企画でありますが
出演者の皆さん、お客様、会場を探して下さった関係各位の皆様のお力添えで
何とか3回目を迎えることが出来ました。
この間、DAN HICKS、MAD-WORDS、そして先日のバンバンバザールDXと
その道の偉大なる先人達と共演を果たし、ますます伝道師としての使命感に燃えております!
勿論恒例のX'masプレゼント、カズーも進呈♪
更には今回、ご家族揃って楽しんで頂けるよう、また後進の育成という観点からも
中学生以下は入場無料!(どんなミュージシャン育てる気なんだかw)
出演陣も豪華絢爛。
レギュラー陣に加え今回初出場は、今、札幌で最もジャグバンドのフィーリングを持つバンド
「島袋琉吉とフライングポーポーブラザース」!
更には小学生によるジャズコンボもオープニングアクトとして初出演。
そしてジャグナイトには欠かせない一服の清涼剤
驚愕の天才小学生落語家「竹田亭てん丼」も新ネタをひっさげて登場!
いや~今年のジャグナイトはてんこ盛りだっ!

さぁ今年も会場にいる全ての人がメンバーです!一夜限りの「札幌ジャグバンド」
間もなく開演!!!


『第3回 札幌X'mas Jug Night!』

 2006. 12. 23(土・祝) OPEN 19:00 / START 19:30
 @バナナボート
 札幌市中央区南3条西6丁目長栄ビル3F 
 TEL.011-231-1368
 \1500円(1カズー付・要別途オーダー)

【出 演】
 ・チビッコ・ジャズ・コンボ(19:30~)
 ・WHOOPS(19:50~)
 ・キッコリーズ(20:30~)
 ・竹田亭てん丼(21:10~)
 ・International Little Combo(21:30~)
 ・ジャイアンリサイタル(22:10~)
 ・島袋琉吉&フライングポーポーブラザーズ(22:50~)

c0007155_21182177.jpg

by fatswaller | 2006-12-20 19:32 | ジャイアンな日記♪ | Comments(2)

2006. 12. 23. (sat) 「札幌 X'mas Jug Night !」

c0007155_22385381.jpg
さぁ今年も聖なる夜にJUGを吹く季節がやって参りました!
ついに第3回を数える「札幌 X'mas Jug Night !」。今年は会場をすすきのに移し
更に盛り上がろうって魂胆です。
今年のJug Nightはチビッコ達が大活躍だぞ♪大人から子供まで楽しめる
イベントを目指すのだ!そこのお母さん、いいから子供さん連れて遊びにいらっしゃい!
勿論今年もご来場頂いた方にはX'masプレゼントとして、もれなくカズーを進呈。
『カズーの吹き方講座』も開きますので初心者の方も安心だね♪
ジャイアンリサイタルは本年最後の興行となります。どうぞお見逃し無く!
by fatswaller | 2006-12-05 22:47 | ライヴ情報♪

再会、そして新たな出会い。

12月5日

3日の日曜日、今年の3月にフライアーパークで共演させて頂いた
ジュスカ・グランペールが8ヶ月振りに札幌に来るとの話を聞き、会いに出向いた。
場所は琴似のTSUTAYA。CD販促の為のインストア・ライヴだ。
久しぶりに生で聴いたジュスカはやはり素晴らしかった。
超絶技巧の演奏テクと繊細で美しいメロディ。
「三条大橋の下で」、「Gypsy Dance」、「ロマンスの祈り」など
共演した時に初めて聴いて大いに心揺さぶられた名曲の数々が
再び目の前で演奏される。
改めて、なんと情感豊かな音を出すのだろうと
聴いていて涙が出そうなくらい感動してしまった。
一通り演奏が終了した後、ステージに近寄りギターの高井さんに声を掛けると
「おお~!久しぶりやな~」と嬉しそうに笑ってくれた。
聞くとこの演奏を終えたらそのまま帰京(都)してしまうそうで
ゆっくりと話が出来なかったのがかえずがえすも残念であったが
(もしもう一晩滞在するのなら、夜の自分達のライヴに飛び入りで
出て貰おうと密かに企んでいたのだが・笑)
しばし旧交を温め、バイオリンのマコトさんともご挨拶をさせて頂き
何とも良い気分で家路に就いた。
c0007155_21151469.jpg


その日の晩はJAMUSICAで行われた『Sapporo Sphere Crossing Vol.1』
にジャイアンリサイタル・リズムキングスで出演。
何だか小難しいタイトルだが、首謀者のピアニスト・関口君曰く
「ジャンル等というカテゴリーを取っ払って混ざり合いましょう」という事らしい。
俺の場合、さすがにこの歳になってヘビメタやパンクとはCROSS出来ないが(笑)
若い関口君は実に建設的な考えを持ってるんだなぁ。私、大いに賛同致します。

で、ジャイアンリサイタル・リズムキングス。
今まではバンド名からも判る通り、ジャイアンリサイタルの延長上に
“リズムキングス編成”があったのだが、前回のバンバンバザールとの共演から
リトルコンボのオリジナル曲にも演奏するようになり
なんだか1つのバンドになりつつある感じ。
もはやリズムキングスはジャイアンリサイタルの別ユニットではなく
完全なオリジナルのジャグバンドだと私は声を大にして言いたい!
これって実は凄い進化なんじゃないかと思うんです。
だって遊びやシャレの域を超えちゃってるもんね。
それに、これこそCROSSING(交差する、交わる)を具体化したバンドでしょ?
こうなったら俺個人としてはバンド名もオリジナルなものに変えたいトコなんだけど・・・
あ、いいバンド名思いついた!
「札幌うんこちんちんジャグバンド」っての、
どうでしょうね、メンバーの皆さん(本家は改名したことだし・笑)

この日共演させて頂いたのは関口君率いるピアノトリオと
ブラジル音楽を標榜するベテランバンドLeste e Norte(レスチ イ ノルチ)。
関口君のバンドで歌ってた女の子、名前聞かなかったけどいい声してたなぁ。
ちょっとくぐもった感じがTorCHを連想させました。オールドジャズ向きの声だ。
それからLeste e Norte(レスチ イ ノルチ)、
初めて生で聴かせてもらいましたがこれまた素晴らしかった!
ブラジル音楽への溢れんばかりの愛情が伝わってくるバンド。
会場設備の関係上、ちょっと聴こえづらい所もあったが
最後はすっかりボッサのリズムに乗せられてしまいました♪

結局、このイベントにおいて一番Sphere Crossingしたのは打ち上げではなかったかと(笑
お互いがお互いの表現する音楽に興味を持ち、
あちこちで音楽談義に花が咲いていたのが実に印象的でした。
楽しかったなぁ♪是非またご一緒したいものです。






                        おまけの写真。






    今週のおいしい顔ってどんな顔?










c0007155_227020.jpg
千歳空港にてふらのビールを堪能する自分の顔をわざわざ送ってきてくれたジュスカ高井さん。
オチャメだなぁ(笑
by fatswaller | 2006-12-05 22:15 | ジャイアンな日記♪ | Comments(4)

札幌で活動しているswing&jiveバンド「ジャイアンリサイタル」のメンバーが綴るよもやま日記とバンド情報


by fatswaller
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite