ジャイアンリサイタルのHPのようなblog『swingしなけりゃ意味ないっしょ!』

gianaoki.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2008. 12. 28. (sun)@BUDDY BUDDY 『札幌ルーツミュージックフェスティバル2008』

c0007155_1711483.jpg

昨年暮れ、ラッキーリズムのメンバーを率いてこのイベントをプロデュースし
大成功に導いた日本ルーツミュージックの重鎮、MOONEYさんが
今年も帰って来てくれます!
更に今回は札幌のみならず、旭川からもルーツミュージックをこよなく愛する
ミュージシャン達が 多数集結!
ブルーズ、トラッドジャズ、アメリカンフォーク、カントリー、ブルーグラス、R&B、R&R・・・
アメリカのアーリータイムを彩った、古き良き時代の温もりある音楽達に身を委ねながら、
一年の締めくくりにみんなで酔いどれましょう!是非来て下さい!


『札幌ルーツミュージックフェスティバル2008』

 2008.12.28.(sun)@札幌BUDDY BUDDY
 札幌市中央区北2条東1丁目(創成川沿い西向き)
 ℡.011-271-8882(担当・西田)
 ADV. \2,000(1drink)
 DOOR. \2,500(1drink)
 出 演】
 ■MOONEY(flom横浜)
 ■MOJO HOUSE
 ■SOUL JAZZ UNIT
 ■亀野達夫(flom旭川)
 ■DRIVE
 ■Internal Little Combo
 ■ジャイアンリサイタル
 and more...!

by fatswaller | 2008-12-18 17:19 | ライヴ情報♪

焼き鳥「ゆめや」、狂乱の一夜。

12月18日

c0007155_16103727.jpgc0007155_16105069.jpg
c0007155_1712314.jpg

先週の日曜日は、我が家の近所にある焼鳥屋「ゆめや」さんの
忘年会ライヴがありまして、ご近所のよしみで我々ジャイアンリサイタルも
参加させて頂きました。
なんせ店主催の忘年会ということで、常連客が一堂に会する為
とてもイチゲンさんまで迎え入れるキャパシティが無く
言うなれば「シークレットライヴ」と相成ったわけですが、これが凄かった!
「ゆめや」のお客さんてば皆さんノリ良過ぎ(笑
そしてなによりマスターのファンキーハイテンションぶりには
終始爆笑させて頂いた次第。


c0007155_15474511.jpg切り込み隊長として真っ先にステージという名のお座敷に上がったのが店のマスター。大人しかったのはこの時だけでした(笑)。後半、マスターの幼い愛娘がピアニカで参加して親子で一緒に演奏する予定だったらしいのですが土壇場になって娘が逃亡(笑)、しょうがなく父親一人でギターとピアニカを交互に持ち替えて弾くという姿が男親の悲哀を感じさせ涙を誘いました。やはり「さりげなくマスターベーションズ」というバンド名が良くなかったのではないでしょうか。


c0007155_1551505.jpg2番手は今年のアートステージで堂々のファイナリストに輝いた歌姫、natsu。何を隠そう、なっちはこの店のファンキーマスターの姪っ子なのである。はっきり言って似ているのは「音楽好き」という一点のみであるが。そもそもこの店を俺に紹介してくれたのもなっちでした。それにしてもなっちが焼鳥屋の座敷で唄ってる画ヅラってのも妙な感じだな(笑


c0007155_15581287.jpg
にわかには信じがたいが、この二人は正真正銘の「伯父と姪」なのだ。人間って不思議。


c0007155_1612738.jpgc0007155_1614541.jpg
こちらバイオリニストのすみちゃん。この方も実は札幌交響楽団に所属するプロの方。
なんでこんな凄い人が焼鳥屋のオヤジとセッションしてるんだ!?バイオリンの音色、素晴らしかったです!

c0007155_1663976.jpg
こちらもご近所からの参加、もちべーこんず。イデちゃんもカホンでサポート。いや~一気に盛り上がりました!焼鳥屋でファンク(笑)。あると思います!えびさんが凄く楽しそうだったのが印象的。根っからの居酒屋好きなのね。


c0007155_16133254.jpgc0007155_16134797.jpg
c0007155_16141016.jpgc0007155_16143285.jpg
c0007155_16155077.jpg
んで、あっちらジャイアンリサイタル。お初のお客様が殆どなので、飛び道具としてイデちゃんにウォッシュボードで参加して貰う。しかしこのくらいの時間帯になるとお客さんは既に酔っ払っており、コチラが何をやってもウケるという完全なホームゲーム状態。終始バカバカしくも楽しいライヴが出来ました♪


c0007155_16225860.jpgc0007155_1623365.jpg
そして終盤は才谷屋でもお馴染み、“宴会系唄者”ぞうさんの往年のヒットメドレーで最高潮に盛り上がり、〆はなんとあの、「TWINCAM」のPATTIさんがリードボーカルを取る「藤原家」で大人のエンディング。藤原家もこのご近所にお住まいで「ゆめや」さんとは10年来のお付き合いだとか。ナンピラ在住のミュージシャンって意外に多いんだなぁ。


開演したのが夕方4時前だったのですが、帰路に就いたのは結局午前0時。
つまりは延々8時間に亘り超ハイテンションな乱痴気騒ぎが繰り広げられたことになる。
決して大きなお店ではないが、なんなんだこの底知れないパワーは。
お客さんもマスターもイカレてるとしか言いようがない。
マスターなんて主催者にも係わらず途中で酔い潰れて寝ちゃうし(笑
でも、マスターを筆頭にお店に居た全員が
心から「今日は絶対楽しんでやる!」って決めていたんだよね。
「ゆめや」はマスターも、お客さんも、お店自体も本当に素敵。
こんなファンキーな焼鳥屋、ちょっと無いです♪




 是非皆さんにご紹介したい
ゆめやのファンキー・マスター!





c0007155_16463434.jpg
  電子ドラムの演奏にいきなり飛び入り、アドリブでシャウトしまくるファンキー・マスター。
                      「ア~オッ!ア~オッ!」







c0007155_16492321.jpg
そのテンションは更にヒートアップ、オリジナルのダンスステップを披露するファンキー・マスター。








c0007155_16505523.jpg
  ライヴの最中にも係わらず、突然電池が切れたが如くうなだれるファンキー・マスター。








c0007155_1653887.jpg
    まだ締めの挨拶が残っているのに勝手に精神世界へ旅立つファンキー・マスター。
                       「俺は燃え尽きた・・・」








c0007155_16553310.jpg
  そんなファンキー・マスターを師と仰ぎ、自らも精神世界へと旅立つファンキー・クィーン。
by fatswaller | 2008-12-18 17:04 | ジャイアンな日記♪ | Comments(4)

2008. 12. 06. (sat)@「才谷屋」5周年記念!


c0007155_17355551.jpg次回はこれまた平素より大変お世話になっている「才谷屋」さんの開店5周年を祝うライヴイベントに出演させて頂きます。正直なところ「あれ、まだそんなもんでしたっけ?」ってなぐらい、長くお付き合いさせて頂いているような気がしておりますが、ともあれこの未曾有(“みぞゆ”ではない)の不景気の中、5年もの間お店が続いたってのは大変な事ですよ。常に周りの人達との関係を大事にしてきた店主、もーりーさんに心から敬意を表したい!でもそれだけじゃつまんないので心を込めてお祝いのウタを唄いに行きます!この日は共演者もいつもの顔ぶれがゾロゾロ。こりゃ楽しくないワケないでしょ?さぁみんなでお祝いしましょう!


『才谷屋・5周年記念イベント』

 2008. 12. 06. (sat)@も~り~処 才谷屋
 札幌市中央区南3条西5丁目 三条美松ビル3F
 ℡.011-271-2747
 ※通常営業につきライヴチャージ無し!
 START / 19:00~
 出 演】
 ■白幡さん&工藤さん
 ■KATSUO
 ■ジャイアンリサイタル
 and more...!

by fatswaller | 2008-12-02 17:54 | ライヴ情報♪

たかが2ヶ月、されど2ヶ月。

12月2日

いやはやご無沙汰です。
諸般の事情により、2ヶ月ほどシャバから離れておりました。
(決して獄中に居たわけではないので念の為)
この間、インターネットもままならない状況にあったもんで
このブログも殆ど放置プレイ状態だったワケですが
ようやく再開の目処がたちました故、今後とも宜しくお願い致します。

てなワケで先日の日曜日、「小春南」で行われた
『お座敷演芸会』なるイベントに参加させて頂きました。
なんせジャイアンリサイタルにとっても2ヶ月振りのライヴでありまして
勝手知ったる「小春南」で活動再開の狼煙を上げられるのは
メンバー一同望むところでありました。

c0007155_1685090.jpgトップバッターを務めたのは、「小春南」のオーナーである白幡社長率いるサザンコムフォートスウィング。伝説のペダルスティール奏者、山田さんをフィーチャーした南国系ほのぼのサウンドは、これまで試行錯誤を繰り返してきた白幡ワールドの一つの完成形ではないかと。しかもこの日は大変珍しい“吠える白幡社長(笑)”も観ることが出来、ロック魂も忘れちゃいないぜ!てなカンジのカッチョイイステージでありました。


c0007155_1618453.jpg2番手はこの日の主催者でもある、ご存知WHOOPSのオネーサマ方。さすがナゴミ系歌謡ジャイヴデュオは健在。いつもおちゃらけたMCで会場を沸かせているお二人ですが、のりえ姉はウタが抜群に上手いし、しょう子姉のピアニカはまるでホンカーみてーだし、本当は相当な実力者なのよね。ただソレをひけらかすこと無く、あくまでも明るく楽しいWHOOPSワールドを展開してくれるトコに私は常に感動を禁じ得ないのであります。


c0007155_16285441.jpgそして今回の目玉、中学生落語家「竹田亭天丼」師匠!『お座敷演芸会』の名に相応しいラインナップ。そもそも小春南って小あがりが広くて民謡酒場的な雰囲気なので、こういった寄席のようなイベントが良く似合う。古典落語「狸賽」を流暢に披露する天丼師匠、今回のポイントは手拭いを紙幣に見立てての所作ですな!なんせ扇子と手拭いは噺家の必須アイテム。ちょっとだけ大人びた天丼師匠に時の流れを感じつつ、今回もヤラレタ!の一語でありました。


c0007155_16411464.jpg4番手に登場したのはパーカッションとギターボーカルの女性2組、SOL WANCO(ソル ワンコ)。初めての共演だったんですが、いやぁ良かった!“SOL WANCOの世界”ってのが完全に出来上がってんのね。曲も素晴らしいし、ボーカリスト梅葉さんの声質も透明感があって伸びやかでとても素敵。私、気に入ったミュージシャンを見つけると相当つけ回す癖があるんですが、来年のターゲットはSOL WANCOに決定です(笑)。是非また共演させて頂きたい!


んで、2ヶ月ぶりのライヴだとゆーのに、何故かトリを仰せつかってしまった
あっちらジャイアンリサイタル。まだリハビリ中なんだよう(泣
c0007155_16501715.jpgc0007155_16503573.jpg
c0007155_16512651.jpgc0007155_1652142.jpgc0007155_16522722.jpg
c0007155_16533576.jpgc0007155_16535335.jpg
あっちら恒例のラストナンバー「明るい表通りで」では、
急遽WHOOPSのお二人をお招きしてセッション。
事前に全く相談せず、ステージからいきなり抜き打ちでお誘いしたので
すっかり油断して酔っ払げていたのりえ姉、まるで鳩が豆鉄砲食らったような顔してました(笑


いや~やっぱライヴはいいねぇ♪
たかが2ヶ月のブランクでありましたが、バンドの楽しさ、ライヴの楽しさを
再確認するには十分な時間でした。
そしてこの場所で、この共演者で活動を再開出来たことにも感謝であります。
WHOOPSのオネーサマ方、誘って下さって本当にありがとうございました。
僕はWHOOPSが大好きなので、また一緒に遊びましょうね~♪
by fatswaller | 2008-12-02 17:04 | ジャイアンな日記♪ | Comments(4)

札幌で活動しているswing&jiveバンド「ジャイアンリサイタル」のメンバーが綴るよもやま日記とバンド情報


by fatswaller
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite