ジャイアンリサイタルのHPのようなblog『swingしなけりゃ意味ないっしょ!』

gianaoki.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

笑いと涙の「高田渡を唄う会」。

4月29日

笑いと涙。喜びと悲しみ。メジャーとマイナー。長調と短調。アップテンポとスローテンポ・・・
相反する言葉でありながら、自分の中でとても大切なキーワードです。
ジャイアンリサイタルの音楽も、突き詰めればこの2つを表現したいだけ。
先週の日曜日に開催された「第4回 高田渡を唄う会」は
まさしく笑いと涙とが混在した、そんなイベントでありました。

当日は夕方まで仕事の予定があり、開演から1時間半ほど遅刻して会場に到着。
既に亜古木さん、ちゃむさん、児玉梨奈ちゃんなど、聴きたかったミュージシャンが
出番を終えてしまっていたのは誠に残念でした。

c0007155_655122.jpgc0007155_6553983.jpg
久々の登場、更科譲。楽しそうだったなぁ。    白幡社長はキースみたいでカッコ良かった!


c0007155_656964.jpgc0007155_6563646.jpg
イベントの首謀者、シモさん。愛に溢れてました。   ILC。ウチの澤田さんがトラで参加。


c0007155_6572916.jpgc0007155_6574238.jpg
あっちらジャイアンリサイタル。
高田渡さんの数あるレパートリーの中でも私が最も好きな「系図」、
そしてウチらの担当といえばハズしちゃならない「バーボンストリートブルース」、
最後は更科譲をゲストに迎え、巨顔コンビで「サフランシスコ湾ブルース」を
演奏させて頂きました。
そうそう、この日はジャイアン史上初めて大将が全編ウクレレで臨むという試みに出ました。
すぐ目の前に“ウクレレ巨神兵”ちゃむさんが居るというのに・・・勇気のあるヤツだ(笑


で、この後。才谷屋のオーナー、もーりーさんが「ヨイトマケの唄」を歌ったわけですが・・・

c0007155_158229.jpg

これが染みた。
実は歌の中で衝撃の告白があり(詳細が知りたい人は直接才谷屋に行け!)
人生の背景というのか、家族とか愛する人を思う気持ちとかが
ダイレクトに伝わってきちゃいまして。
私、普段から人の歌を聴いて感動するなんて事は殆ど無い人間なのですが
この時のもーりーさんにはヤラレタ。歌の向こう側が見えちゃってねぇ。
泣けて仕方なかった。
しかし、いつまでもしんみりしていてはいられない。今日はお祭りだかんね!
というわけで、最後は出演者全員で「生活の柄」そして「グッドナイト・アイリーン」を大合唱。c0007155_6583192.jpgc0007155_6585456.jpg
c0007155_6591254.jpgc0007155_6593439.jpg
c0007155_6595517.jpgc0007155_701066.jpg
俺、テーブルの上で唄ってるし・・・しかも土足だし・・・オダってるなぁ(汗)。社長、ごめんなさい。


過去、4回に渡り開催されてきたこのイベントも、今回をもって一区切りとのこと。
生前の高田渡さんと親交があった白幡社長やシモさん、工藤さん達にとっては
本当に思い入れのあったイベントだったと思います。
最後の挨拶にたったシモさん、男泣きしてたもんなぁ。
でもきっと来年も、高田渡さんを愛してやまない男達の宴は
その装いを変えても、また繰り広げられるに違いない。
そして僕はその末席で、この日と同じようにいいだけ酔っ払ってオダってるんだろうな。
首謀者シモさん、実行委員長のもーりーさん、そして多くの関係者の方々、
4年間本当にお疲れ様でした。そしてまた新たな形で高田渡さんの唄を紡いでいきましょうね。

c0007155_704724.jpg









                    お久し振りの、おまけの写真。









体育会系ベース弾き・マルさんによる
   セクシャルハラスメントNo.1




c0007155_15215111.jpg

とある出演者がジョークでステージからばらまいたコン○ームを、マルさんに無理矢理
メガネに括り付けられた某女性クラリネット吹き。
マル先輩曰く「そのまま家に帰って彼氏の反応をみろ!」との無体なご命令。
さすが体育会系バンドマン、マル先輩。札幌ミュージックシーンの縦社会を見た思いです。
by fatswaller | 2009-04-29 22:12 | ジャイアンな日記♪ | Comments(3)

2009. 05. 03. (sun)@喜茂別町 旧双葉小学校資料館


c0007155_1557368.jpg

何の因果か、今年も恵庭のエロッキン・マスター澤田氏の口車に乗せられ
喜茂別の廃校跡地で行われるキャンプ&ライヴに参加することになっちまいました(笑
今年はチームKATSUOの皆さんも参戦。
昨年に続き、夜を徹してのクレイジーな宴がおっ広げられる事になりそうです!
G.Wの予定がまだ決まってな~い、とお嘆きの貴兄、俺達と一緒に「やらないか?」


『第2回 雪月花廊 ミラクル合宿』
日 時 / 2009年5月3日(日)・4日(月)
 (am10:00頃スタート予定です。)

会 場 / 喜茂別旧双葉小学校史料館 『雪月花廊
         虻田郡喜茂別町中里392
      TEL (0136)33-6067
                 
会 費 / 高校生以上3,000円
      中学生以下  無料
      (宿泊・日帰りともに)      

◎飲食
食べ物飲み物は、持込みOKです。
野外でのバーベキュースペースがありますので、
各自自由にバーベキューをするのもよし、
雪月花廊内レストランにおいても、飲食出来ます。

◎宿泊
野外テントスペースに、自由にテントを張っていただいてOKです。
体育館においても宿泊出来ます。
小さなお子様や、テントや体育館での雑魚寝などに抵抗のある女性の方など、
ロッジ(1棟)がご利用できます。
お1人様別途500円が必要になりますが、お風呂やシャワーも完備してありますし、
お台所や食器等も自由に使ってよいそうなので、 そちらに宿泊することも出来ます。
2階建てなので、2階の2部屋を女性専用に、1階の2部屋を男性専用にいたします。
これで、着替えなども気兼ねなく出来ると思います。
最大で20名様まで利用可能です。
(相部屋になると思われますが、ご容赦願います。)

◎フリーマーケットのブース
参加ついでにフリマを開いていただいてもよし、
オリジナル作品の発表場所として使っていただいてもよし、 ご自由にお使い下さい。
ブース出店料は無料です。

【 お願い 】

・現地での飲食持込みは自由となっておりますが、
 ゴミ、バーベキュー時の処理(炭や生ゴミ)の管理は各自徹底してお願いします。
・ゴミは各自お持ち帰りしていただきますようお願いいたします。
・トイレ等の共同スペースのご利用は、お互いのことを思いやった使用をお願いいたします。
・当日の施設内利用可能スペース以外への、無断使用はご遠慮願います。
 (当日、受付にて利用可能スペースを表示して御座います。)
・施設内に、当イベントのスタッフ達がおりますので、
 ご不明な点などは、なんなりとお声をおかけ下さい。
by fatswaller | 2009-04-29 22:03 | ライヴ情報♪

何たる幸せ。~ワンマンライヴ@ジャムジカ~

4月9日

いやはや。何とも。ワタシラ、つくづく幸せ者です。
先日の日曜日、JAMUSICAで開催した、無謀とも言えるワンマンライヴ。
何と30名を超えるお客様にお越しを頂き、大入り満員札止めと相成りました。
これもひとえに日頃よりご愛顧頂いている皆様のお陰であり
この場をお借りして改めて厚く御礼を申し上げます。

当日は17時に会場入りし、セッティング及びリハーサル。
いざ3人で音を出してみると、何とも気持ち良いんだこれが。
JAMUSICAはレギュラーメンバーでは初めて出演させて頂きましたが
音の響きがとても心地良く、調子に乗って小一時間程唄いまくってしまいました。

しかし、この最高に気持ち良かったリハーサルに反し、
本番ではいきなりトラブルに見舞われまして。
いよいよ開演、さぁ1曲目!ってんでカウント取ってジャーン!と・・・
何と大将のアンプから音が出ない。思わず全員でズッコケる。
これじゃまるで「それいけ!ズッコケ3人組」じゃないか(笑
リハでは全く問題無かったのに、よりによって開演1曲目でなぜ音が出ないのよ~?
見事に出鼻を挫かれました。
ということで、ここで強引に第一部終了(笑
「音符ひとつで第一部終了」という業界初の試みとなったのでした。
結局大将が持ち込んだギターアンプは復旧せず
プリアンプを挟んで卓に直結するという応急処置を取り演奏再開。
(えびさん、助っ人ありがとうございました!)
しかしライヴって何が起こるか分からないもんですねぇ。

c0007155_17555873.jpgc0007155_17561262.jpg
c0007155_1757157.jpgc0007155_17571549.jpg


結局、19時に第1部(※アンプトラブルにより1音のみw)をスタートし、
第2、3、4部、そしてアンコールと全23曲を演奏させて頂き、
終演したのは21時45分でありました。
一夜にこれだけの曲数を演奏するのは我々としても初めての経験であり
正直最後までテンションを保てるのか、不安な思いもありましたが
いざ演ってみると、ず~っとアドレナリンが出っぱなしで
最後の曲を終えるまで楽しんで演奏することが出来まして。
これも客席からライヴを盛り上げてくれた全ての皆様のご厚情によるものと
深く感謝致しております。
特に遙々恵庭から駆け付けて下さったMojo Handのマスターに至っては
スローなナンバーの最中にも係わらず客席で突然スプーン曲げを披露し
周囲を唖然とさせるなど、ライヴの盛り上げに大変なご尽力を頂き
本当にいつか息の根を絶めてやろうと、感謝の気持ちでいっぱいであります。

札幌では初めての本格的なワンマンライヴということで
色々と胃が痛くなるような思いもしましたが
終わってみるとやっぱりやらせて頂いて良かったなぁ、と。
僕らのようなチャチなバンドにお声を掛けて下さったJAMUSICAのマスター、
日曜日にも係わらずお店に足を運んで下さった大勢のお客様、
改めて心から御礼を申し上げます。
こんな大業な事は恐らく年に一度あるかないかなので(笑)
来年でもワンマンをやらせて頂ける機会がありましたら
その時はまた人助けだと思って聴きに来てやっておくんなまし♪
c0007155_18164847.jpg

by fatswaller | 2009-04-09 19:22 | ジャイアンな日記♪ | Comments(2)

2009. 04. 26.(sun)@小春南『第4回 高田渡を唄う会』


c0007155_18324748.jpg

今年もこの季節がやってきたんですねぇ。
次回のライヴは『第4回 高田渡を唄う会』に参加させて頂きます。
稀代のフォークシンガー、高田渡さんがツアー先の釧路で逝去されてから5年。
毎年この時期に、札幌在住の高田渡信奉者が鎮魂の意味も込めて
トリビュートライヴを開催しています。
私どもジャイアンリサイタルも「武蔵野たんぽぽ団」や
「高田渡とヒルトップ・スウィングバンド」等を通じて高田渡さんの偉大さを知りました。
高田渡さんを唄を知っている人は勿論、知らない人も楽しめるイベントですので
是非遊びにいらして下さい♪


第4回 高田渡を唄う会』

 2009. 04. 26. (sun)@小春南(こはるなん)
 札幌市中央区南1条東2丁目札幌創成ビルB1(※バスセンター裏)
 ℡.011-210-8218
 16:00 OPEN / 16:30 START
 ¥1,500(1drink付)
 出 演】
 ・ジャイアンリサイタル他、高田渡さんを愛して止まない多くのミュージシャン

by fatswaller | 2009-04-09 18:48 | ライヴ情報♪

札幌で活動しているswing&jiveバンド「ジャイアンリサイタル」のメンバーが綴るよもやま日記とバンド情報


by fatswaller
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite