ジャイアンリサイタルのHPのようなblog『swingしなけりゃ意味ないっしょ!』

gianaoki.exblog.jp ブログトップ | ログイン

<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2010. 06. 06. @ 炭焼き ゆめや


c0007155_15593748.jpgc0007155_1601645.jpgc0007155_1603466.jpg

次回のジャイアンリサイタルは、今、南平岸で最も熱いライヴスポット(笑)、
『炭焼き ゆめや』さんに再び登場致します!

今回は、あのファンキーマスターのお誕生日を祝うライヴイベントでございます!
これが面白くないはずがなかろうがッ!
いつもの通り、豪華絢爛な出演陣に加えて、
今回は新人枠として私が慕うウクレレ巨神兵、ウクレレちゃむさんと
とっても可愛いピアニカ弾き、やまメちゃんからなる「ちゃまメ楽団」が参戦。
このユニットもお座敷ライヴが似合うんだよなぁ。
そして前回のゆめやライヴで突如出現した謎のユニット、
「トリオ・ザ・ボーズ」は再び現れるのか!?
噂が噂を呼ぶ狂乱の焼鳥屋ライヴ、是非一度貴方自身で体感して欲しい!
がっつりとお待ちしております♪


『炭焼き ゆめや LIVE!!~マスターの誕生日を祝いつつライヴで盛り上がろうの巻!~』

 2010. 06. 06. (sun)@炭焼き ゆめや
 札幌市豊平区平岸三条14丁目3-8 平岸グリーンビル1F
 (地下鉄南北線「南平岸」駅下車、徒歩1分)
 TEL.011-813-8480
 16:00 START
 ¥3,000(食べ飲み放題)
 出 演】
 ・ジャイアンリサイタル ・もちべーこんず ・natsu ・藤原家(from TWINCOM'S)
 ・ぞうさん ・ちゃまメ楽団 ・そして勿論、マスターも唄います!飛び入りもあるでよ♪

by fatswaller | 2010-05-08 16:20 | ライヴ情報♪

僕らを乗せたA列車は、喜茂別へと向かう。

5月6日

はぁ~G.Wも終わっちまいやしたねー。
しっかりと遊び倒してやった分、社会復帰がツライわけですが。
G.Wといえば、ここ数年ジャイアンリサイタルの恒例行事となっている
「喜茂別ミラクルライヴ&キャンプ」に今年も参加して参りました!
今年で3回目となるこのイベント、私どもは初回からずっと参加させて貰っておりますが
はっきり言って今までで一番の盛り上がりだったのではないかと。
つーかこのままいくと、来年あたりいよいよ怪我人が出るんじゃないかと(笑
まぁそんくらいスゲー盛り上がりだったスよ、ええ。
天気も2日間、完璧だったしね♪そりゃ確かに夜は寒かったけど、
ベテラン組の俺としてはあの寒さは織り込み済み。
完璧な防寒装備を施したお陰で屁でも無かったね。
全く持って素晴らしい2日間でありました。

開催日当日の5月2日、私じゃいあんは我がバンドのベーシスト沢っちの愛車に乗り込み、
一路喜茂別へと出発致しました。
初めて参加した3年前、我が家から喜茂別までの最短コースである中山峠を通り
トンデモナイ渋滞に巻き込まれるという苦い経験をして以来、
2年目からは支笏湖迂回コースを採用しております。
今年も終始スムーズなドライヴを沢っちと楽しみながら
ジャスト2時間で会場である「雪月花廊」に到着。すると既に居るわ居るわ見慣れた顔が(笑
若干早く到着していた大将と合流し、首謀者モジョマスはじめ関係各位にご挨拶しつつ
早速バーベキューセットを広げて焼肉タイムに突入。
c0007155_17231397.jpgc0007155_17233428.jpg

焼き出して暫くすると、見覚えのあるボウズ頭が近寄って来る。
・・・アレ!?「地下室とシャンパン」のダッチ君ぢゃねーの?
何よ~来るなんて聞いてなかったぜ、まぁこっち座りなさいよ。お連れのお嬢さんもドーゾドーゾ。
何だよビックリしたよ、べっ甲みたいなメガネかけちゃって・・・え?ホンモノのべっ甲なの?(笑
ってな調子で、実はゆっくり話をするのは初めてのダッチ君と
まるで古くからの友達のように盛り上がる。
本当にダッチ君とは一度ゆっくりと話をしてみたいと思っていたのだが
これほど自分のツボにハマる男だとは思わなんだ。
そしてお連れのかほりんさんもお会いするのは2度目でしたが、大変明るいお嬢さんで
すぐに仲良くなりましたな。(早速モジョマスのセクハラの餌食になっていたけど・笑)
やっぱバーベキューとアルコールは人と人との潤滑油だね♪
お二人とも、改めてこれからヨロシクです!
c0007155_1724420.jpgc0007155_17242260.jpg


で、空腹もとりあえず満たされた頃、いよいよ体育館にてライヴがスタート。
トップバッターは喜茂別ベテラン組の昭ちゃんBAND flom 帯広。
写真撮るの忘れた~ゴメンナサイ。
そして二番手は喜茂別初心者組、ジュアールの皆様。
HIROMIママの艶っぽい歌声は相変わらず。そして初お目見えのシンヤ君、
これまたおウタがお上手で。イージーライダーばりのワイルドな風貌からは
ちょっと想像出来ないような美しい声でしたな。
演奏を聴いていて「ああ、洋楽好きなんだなー」って思いました。
そして三番手がアベタクことシンガーソングライター阿部卓馬。
彼も以前から注目していたミュージシャンのひとり。
以前にどこかで一度彼のライヴを観て、いたく感動したのだが、
その時はこれといって話すこともなくそれっきりだったので
今回の出演陣に彼の名前を見つけた時は本当に嬉しかった。
だいたい中島みゆきの「糸」をカバーするなんざ、タダモノじゃねぇぜ。
(あれ、もしかして桜井の方か?w)
c0007155_17252162.jpgc0007155_17254956.jpg

で、四番手があちきらジャイアンリサイタル。
2曲ほど3人で演奏したあと、ちょうど1年前のこの日、遠い処へ旅立っていった
あの男の為にアドリブで弾き語り。「帰れない二人」を唄わせて頂きました。
(そういや大将にはこの曲やるって説明してなかったっけ・・・w)
ステージで“彼”に触れた事に関しては
あとで施設オーナーの今関氏からは教育的指導を受けたけど、
それでも俺は歌って良かったなぁと思っています。
んで、その後はその場に居るミュージシャンをどんどん呼び込んで
得意のセッション大会へとなだれ込む。
ドラムになつ子はん、サックスにツッツ、カホンにダッチ君、そしてゲストボーカルとして
元山山葵の亜希ちゃんを迎えてエゴ・ラッピンの「色彩のブルース」を。
実は本番2日前に思いついて慌てて関係者各位に連絡したら皆快く引き受けてくれて。
ヒトクチ乗ってくれた皆さんに感謝です。(カホンのダッチ君は本当に即興だったけどw)
このメンツで音を出せるなんて、こんな機会じゃないとなかなかないだろうと思って
思い切ってやってみたんだけど、まぁそこそこ上手くいったんじゃないかなー
・・・と思ってはいるのだが、実はあまり覚えてないんだよね(汗
誰かこの時の様子を録音なり録画してる人がいましたら、是非拝見させて頂きたく。c0007155_17264269.jpgc0007155_17265718.jpg
c0007155_17272468.jpgc0007155_17273669.jpg
c0007155_17275339.jpgc0007155_1728927.jpg

ここで終わるつもりが、ありがたいことにアンコールなんぞ頂きまして
お決まりの「明るい表通りで」を。この時はドラムにダッチ君のお連れさん、
かほりんさんをお招きして。実は彼女もドラマーだったのでした。
そしてカホンのダッチ君、サックスのツッツもそのまま参加して頂きました。
いやぁ本当に楽しかったッス♪ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。
c0007155_17284183.jpg


で、この頃になると体育館内で酒の勢いに任せてハシャギだす輩も出てくるワケですよ。
ま、こんな方々なんですがね。↓
c0007155_173261.jpgc0007155_17322471.jpg
c0007155_17324635.jpgc0007155_1733038.jpg

菊池さんお得意の手品、そして012のイタ過ぎる演奏を挟んでライヴは後半戦。
c0007155_1730457.jpgc0007155_17302816.jpg
お久し振りの桑田健志。再会出来て嬉しい!      問答無用のR&R、オールドジャンキー。

c0007155_17303967.jpgc0007155_17311060.jpg
モジョマス率いるエゾ・サリバンショウ。そしてクライ・ベイビーブギ。タツヤ君ギターウマ過ぎ!
c0007155_17343140.jpg
大トリのクライ・ベイビーブギの演奏が始まると
体育館全体が瞬時にダンスホールを化し、老若男女一斉にツイスト大会。
ボーカル・ギターのタツヤ君は、俺らと同じく喜茂別キャンプ3年連続参加組。
歳が俺と一緒だと聞いてから、親近感が湧いて色々話してみると
バンドにもギターにも、そしてお笑いにも実にマジメな男。
誰もが認めるイケメンでありながら、大真面目に不良ミュージシャンやってる
超イカしたロックンローラー。
この日の夜も、盛り上がる深夜バーベキューを横目で見ながら
会場のはずれに2人で腰掛け、音楽話に花を咲かせました。(あ、気絶寸前のなつ子も居たなw)
彼と出会えたことだけでも、この喜茂別キャンプに参加して良かったと思えます。


そして体育館ライヴが終焉を迎える頃、グラウンドでは焼肉「夜の部」が始まっておりました。
c0007155_17345639.jpgc0007155_17351213.jpg
c0007155_1735359.jpgc0007155_17355380.jpg
Keyさんの顔のペイントが既に精神崩壊していることを伺わせます。どこの民族の方ですか?

c0007155_17361120.jpgc0007155_17363315.jpg
最後は校内のBARラウンジで締め。
エゾサリのベーシスト工藤ちゃんの爆笑トークで笑い死にさせられ悶絶。
更にはオーナー今関氏のオリジナルCD「YO!YO!羊蹄山」に合わせて
工藤ちゃんが高田純次ばりの適当な歌をうたい今関氏を煙に巻く。
聴いてる俺らはひたすら爆笑。
工藤ちゃん、俺はアンタがいつ殴られるかとヒヤヒヤしたぜ(笑

その後、午前3時になってようやく就寝したにも係わらず、きっちり午前6時に目が覚める。
小便しないで寝たのがイケなかった。膀胱パンパンになって我慢出来ずトイレへ。
そのあと、寝る気もしなかったので静まり返った校舎の中を散策。色んなもんがありました。
オモシレー♪c0007155_17381454.jpgc0007155_1738415.jpg
その後、外に出てみるとロケット88のサンちゃんを中心に、
苫小牧組の皆さんが既に酒盛りを始めているのを目撃し
そのあまりのテンションと底無しの体力にしばし唖然。
しかし、負けじとジャイアンチームも再び火を起こし
しゅん、ルゥシィさんとともにジンギスカン3袋を焼き野菜とともに一気にたいらげる。
更にその後、かなり満腹であるにも係わらず“残り7個!”のアオリ文句に負け
会場で売っていたスペースハンバーガー(大)を購入、根性で完食。
お陰で帰りの車の中では睡魔のせいで殆ど口をきくことが出来ませんでした。沢っちゴメンね(笑

そんなこんなで今年の喜茂別ライヴ&キャンプも無事終了。
今年は初めて参加した人達も多くてホント楽しかったなー♪
あーゆー雰囲気はこの歳になるとなかなか味わえないのも事実。
首謀者モジョマス&Keyさん、毎年のことですが本当にお疲れ様でした。
そして設営から撤収、果ては体育館の清掃までやってのけたモジョファミリーの皆様、
ご苦労様でした。そしてありがとうございました。
あ、いや、手伝いたい!という気持ちはあったのですが
いかんせん二日酔いと極度の睡眠不足で体が言うことを聞きませんでした(笑)。ごめんね。

バーベキューやってる最中に、いきなりサンちゃんが
「みんな~、あのA列車に乗っていこうぜ~!!」って叫んで妙に可笑しかったんだけど
考えてみたら僕らの乗ったA列車は、僕らをこの場所に導く為に走ってるんじゃないだろうか。
だから僕は来年もA列車に乗るよ。
切符はもう今から手に入れてあるんだ。

君の分も用意しておくから♪








                     おまけの写真その1









えこらびさんから頂きました
       『実写版・オバケのQ太郎』。








c0007155_17385989.jpg
      いつ、どこで、なぜ、そうなった?012よ。西川のりおだってそこまでやらんぞ。









                    おまけの写真しょにょ2









桑田健志さんから頂きました
『今年の喜茂別キャンプを象徴する
1枚の写真』。









c0007155_17391652.jpg
  人間、やればここまで出来るもんなんだなとしみじみ思いました。(じゃいあん青木・談)
by fatswaller | 2010-05-06 23:19 | ジャイアンな日記♪ | Comments(3)

札幌で活動しているswing&jiveバンド「ジャイアンリサイタル」のメンバーが綴るよもやま日記とバンド情報


by fatswaller
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite