ジャイアンリサイタルのHPのようなblog『swingしなけりゃ意味ないっしょ!』

gianaoki.exblog.jp ブログトップ | ログイン

「ギャラリーたぴお」で大騒ぎ&ちょっとベイカーとバップペット

7月19日

c0007155_221338.jpg17日はギャラリーたぴおで行われた「キャバレーたぴお展」のオープニングイベントにマギー&マギーで出演して参りました。マギマギとアートギャラリーなんてちょっと不釣り合いな感じもしますが、実は相棒マギー田中氏の妹君は「彼方アツコ」さんというれっきとしたゲイジュツカでありまして、主に銅版画を中心とした作品を発表しておられます。彼女にはダン・ヒックス公演の際に専属通訳を務めてもらったり、彼女のアトリエでマギマギの練習をさせてもらったりと日c0007155_22151422.jpg頃から大変お世話になっておりまして、今回彼女の作品も展示されるということで、花を添えることが出来ればと思い出演させて頂きました。(というわけで今回は写真も芸術的処理を施してみました・笑)当日はお酒や食事も振る舞われ、パーティームード満開。オイラの個人的な芸術家の方のイメージとして「もの静か」+「クール」+「何だか分からないが小難しい表情」=「カッコイイ」という図式が頭の中で出来上がっていたんですが、c0007155_22263967.jpgマギマギのライヴが始まるやいなや、狂ったように踊り出す聴衆!どこがクールやねん(笑)。皆さんめちゃくちゃご陽気ぢゃないの。っていうかスロウな曲を演ろうものならヤジが飛んで来かねない程の盛り上がりぶり。もはや完全にロックコンサートのノリ。
「キャバレーたぴお展」は7月29日まで開催されております。決して夜な夜なこのような黒ミサが行われているわけではありませんので(笑)、是非一度彼方アツコさんの作品をご鑑賞頂きたいと思います。


さて、明けて18日は連休明けにも関わらずアフターダークカフェへ。
以前ライヴでご一緒させて頂いたジャズ・シンガー城下孝さんと
日本中を股に掛け活躍するジャズトランペッター村田浩さんのジョイントライヴを拝見。
城下さんと言えば知る人ぞ知る某放送局の名物プロデューサーですが
ジャズへの愛情と造詣の深さは札幌のジャズミュージシャンからも一目置かれる存在です。
その甘く囁くような歌声は往年のチェット・ベイカーを彷彿とさせます。
自分はガサツでいかにもロック上がり的な歌い方しか出来ないので
初めて城下さんの歌を聴いた時は本当に目からウロコでした。
また、村田浩さんの演奏も今回初めて生で聴かせてもらいましたが
噂に違わぬ素晴らしいプレイヤーでした。
この日はスタンダード・ナンバーを中心とした選曲だったんですが
お二人の“いにしえのジャズ”に対する溢れんばかりの愛情が
演奏からひしひしと伝わって来て、なんだかとっても嬉しかったな。
この日村田さんが1曲だけボーカルを取った曲が「嘘は罪」。
そしてライヴ終了後の店内のBGMでかかった「浮気はやめた」を
嬉しそうに口ずさんでいた姿からも、その思いを推し量ることが出来ました。

でね、実はまた飛び入りしちゃったんですよ俺(笑)。
ステージ最後の曲に差し掛かった時にいきなり城下さんからお呼び出しが掛かりまして。
本当に事前に何も聞かされていなかったのでめちゃくちゃ驚きましたが
「一緒に“明るい表通りで”を唄おう」
と誘って頂き、恐れ多いメンバーに囲まれながらもずーずーしく歌い上げて参りました。
いやー、さすがに緊張したわ。横で村田さんのペットが鳴ってるんだもの。
ここはドコ?わたしはダレ?ってなもんです。でも貴重な経験させてもらいました。
城下さん、村田さん、そしてメンバーの皆様、ありがとうございました♪
特にベースの豊田健さん、初対面でしたがメチャクチャ格好良いベースを弾く方です!
一目惚れしましたよあたしゃ。ウフ♪

c0007155_23122383.jpg

by fatswaller | 2006-07-19 23:18 | ジャイアンな日記♪

札幌で活動しているswing&jiveバンド「ジャイアンリサイタル」のメンバーが綴るよもやま日記とバンド情報


by fatswaller
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite